下値支持線とは。

下値支持線とは


株式の値段が一定の売り手と買い手の出した値段差で繰り返している局面の下限のラインのことです。支持線というものは二つより多い数の株価の底になっている箇所を結んだラインのこと。株価が支持線近辺に達すると反発が見通されます。正反対の言葉として「上値抵抗線」というのがある。抵抗線は株価の上限ラインを画する線です。また、「支持線」とも言われます。

(BR>



株式投資・外貨取引(FX)講座のトップページ

design by お気楽さん〜フリー素材、イラスト、テンプレート、著作権フリーの写真
inserted by FC2 system